知育玩具&本

【0歳の絵本】何ヶ月から?プレゼントにおすすめ

0歳の赤ちゃんにおすすめの絵本

孫が産まれてから買った絵本についてご紹介します。

絵本は何ヶ月から?

孫の場合で言うと、0ヶ月から絵本を使って赤ちゃんとコミュニケーションを取っていました。

お腹の中にいる時から、赤ちゃんに話しかけていましたよね?
目はぼんやりとしか見えなくても、ママの声はしっかり聞こえていると思います。

そんな、赤ちゃんに話しかけるアイテムとしても絵本は優れています。

もちろん、しっかり見えるようになったら、絵本の変化のある色や形を一緒に楽しめます。
なので、0ヶ月から絵本はおすすめです。

0歳から楽しめる絵本

0ヶ月の時は音やリズムを楽しみ、首が座る頃からは少しずつ色を認識できるようになり、おっぱいの形に似た〇や赤や黒などのはっきりとした色が、徐々に分かるようになってきます。

寝返りがお座りができるようになると、「いないないば~」等の好奇心をあおるような絵本がとても楽しめるようになると思います。
読むたびに赤ちゃんの笑顔が見られると、読んでいるママさんも嬉しくなりますね。

そんな赤ちゃんにおすすめの絵本がこちらです!
実際に、孫に読み聞かせしている絵本です。

もいもい

この「もいもい」は、東京大学あかちゃんラボ発のあかちゃんといっしょに作った あかちゃんのための絵本です。

2年がかりの実験の末、完成した絵本が3冊です。

その1冊がこちらの「もいもい」です。

はっきりとした色と、ママの喋りかける「もいもい」の言葉に孫が反応をしましました。

赤ちゃんの視線が釘付けになる絵本だと思います。

ペンギン体操

こちらもカラフルな絵本「ぺんぎんたいそう」です。

水族館や動物園でおなじみのペンギン。

そのペンギンのユニークな動きや、伸び縮みをして姿かたちが変わる様子は、まるで体操をしているかのように見えます。

読みながら、思わず身体が動いてしまう絵本で、ある程度大きくなってもペンギンに合わせて一緒に体操して遊ぶこともできそうです。

しましまぐるぐる

ストライプとぐるぐるした渦巻き模様が特徴の「しましまぐるぐる」絵本です。

赤ちゃんは、黒、白、赤などのコントラストの強い絵を見ることが知られていますし、赤ちゃんは目と口のある「かお」にも注目すると言われています。

そんな赤ちゃんの特性に合わせて生まれた『いっしょにあそぼ』シリーズの一冊です。

まだ視力のよくない生後6か月未満の赤ちゃんもしっかり注目するので、十分楽しめる絵本です。
読んでいる私自身も楽しくなる絵本です。

あかあかくろくろ

こちらも、赤ちゃんが注目する白黒を中心に、「赤」でコントラストを効かせた黒、白、赤絵本の「あかあかくろくろ」です。

色の名まえを言いながら3色を繰り返す構成や、りんご、ながぐつ、ゆきだるまなども出てきて、色の名まえ、物の名まえにも触れていける絵本です。

その他の人気絵本

東京大学あかちゃんラボ発の「もいもい」以外の絵本はこちらです。

「うるしーボードブック」

8万部突破の大ヒット絵本です!

「モイモイとキーリー」

色彩がとても綺麗な絵本です。

月齢の低い赤ちゃんに本を見せるときは

読み聞かせの仕方ですが、赤ちゃんの目から20センチくらいの位置で、表紙や中のページを見せています。

赤ちゃんの視線がページに引きつけられていたら、絵本に合わせて動かしてみます。

例:「しましまぐるぐる」は、絵本をぐるぐると円を描くように回してみる。

赤ちゃんの視線が本の動きに合わせるように動いたら、興味を持った証拠ですね。

4ヶ月の孫の一番のお気に入りは「もいもい」です。

食い入るように見ていますね。

至福の時です♡

赤ちゃんのお気に入りを見つけてくださいね。

※この記事は随時絵本を追加していきます。

-知育玩具&本
-,

© 2022 孫ギフト.com Powered by AFFINGER5